近視抑制(MCレンズ)

MCレンズとは

MCレンズとは、お子様の近視進行を抑えるために設計された、世界初の眼鏡レンズです。長時間の細かい作業のピント調節などでの眼への負担を軽減し、緊張を緩和することが可能です。
また、お子様が着用しやすいよう小さいフレームを考慮して設計されている為、快適な掛け心地を得ることが可能です。

近視の進行抑制に効く理由

近視進行を左右する環境要素は手元での作業です。
通常、至近距離にあるものを見る場合には眼の筋肉を使ってピントを合わせようとします。MCレンズは、至近距離を見るときに必要なこの”調節”を手助けすることで、近視の進行を抑制することが可能だと考えられています。

眼の断面図

MCレンズの仕組み

MCレンズは近くと遠くの両方が見やすく、目への負担が少なくなるように設計されています。

MCレンズの仕組みいついて

MCレンズ使用の目安

7歳頃を目安に近視が進行し始めたら装用して下さい。
一度進行した近眼を治療するのは困難ですので、早期の発見・抑制が重要です。
また、近視の急速な進行は成長期と重なるため、7歳頃から18歳頃までは抑制を続けるのが理想です。

関連ページ一覧
黄斑疾患の簡単セルフチェック
黄斑疾患の専門治療
加齢黄斑変性
糖尿病黄斑浮腫
網膜静脈閉塞症
強度近視

診療時間

診療時間表

受付時間
午前 9:00 ~ 12:00
午後 4:00 ~ 7:00

手術日:火・木曜日休診日:日曜日、祝日


  • ○永井隆子医師
  • ●永井康太医師
  • 検査木曜日の午後12:00〜
    術前検査・予約検査