緑内障

緑内障とは

緑内障とは、視神経が障害され視野が狭くなっていく病気です。日本人における視覚障害の原因疾患の1位であり、放置をすれば失明に繋がる恐れもあります。
現在、40歳以上の20人に1人が緑内障と言われており、自覚症状がほとんどないまま徐々に進行するため、40歳を過ぎたら一度検査を受けることをお勧めいたします。

緑内障により障害された視神経は、治療をしても元に戻ることはありません。
早期に発見、治療をして症状の進行を抑えることが大切です。

緑内障の症状

慢性型の場合

緑内障を発症すると、徐々に視野が狭くなります。
両目で見えない箇所を補完し合ったり、目を動かすことで見えない箇所を見ることができるため、症状の進行に気付かないことも多くあります。

視野の推移

急性型の場合

緑内障急性発作を起こした場合の代表的な自覚症状には、「虹視症(こうししょう)」というものがあります。
虹視症とは、電球などの光を発しているものを見た時に、その周りに光の輪のようなものが見える症状です。

緑内障の治療の流れ

緑内障の可能性がある場合や、治療効果を確認するために、下記のような検査・治療が行われます。
当院では、最新の医療機器を用いた様々な角度から検査に合わせ、医師の経験や知識に基づき的確な診断を行っております。

  1. 初診

    見え方の違和感の有無や、その原因の特定のための検査を行います。

    初診の方で、緑内障の疑いがある方は現在の目の状況を確認するための検査を受けていただきます。

    1. 問診

      どのような自覚症状があるかという事や生活習慣、現在治療中の病気の有無などを、医師がお伺いいたします。
      (検診等で緑内障を指摘された方は、検診結果をご持参ください。)

    2. 視力検査

      視力検査器を使用して、眼鏡やコンタクトを付けない視力(裸眼視力)を計測します。基準となる視力が出ない場合は、検査用の眼鏡を用いて視力検査を行います。

    3. 眼圧検査

      緑内障の主な所見の1つとして、眼圧の高さがあります。
      当院では、通常の眼圧測定器に加え、痛みが無く、赤ちゃんでも使用することのできる眼圧測定器も準備しております。
      2つの眼圧測定器を使用することで、より正確な眼圧の検査が可能です。

    4. 眼底検査

      細隙灯顕微鏡などを用いて視神経の状態を調べます。視神経に光を当てることで、視神経の状況を確認します。
      緑内障の特徴である、視神経の異常を確認することができます。

  2. 緑内障 専用検査

    緑内障の可能性がある場合、本当に緑内障なのかを確認するための検査を行います。

    初診の検査を受けて、緑内障の可能性が高いと診断された場合、緑内障に対するさらに詳細な検査を行います。

    1. 画像検査

      光干渉断層計(OCT)を使用し、視神経の断面図を確認することで、視神経の障害程度を確認します。
      また、OCTより得られたデータを緑内障専門解析ソフトを用いて、様々な角度から緑内障の疑いはないかチェックします。
      検査自体に痛みはなく、正確な眼の状況を知ることができます。

    2. 視野検査

      緑内障による視野欠損を調べるために、視野検査を行います。
      最新の医療機器を使用し、視野検査結果を専用解析ソフトを用いて解析するため、視野欠損や眼圧の推移を常にチェックすることが可能です。

  3. 治療

    点眼による治療を行います。

    緑内障の治療には、レーザーを使った治療や手術というような方法がありますが、通常は、点眼薬による治療から開始します。

    緑内障は治療を行えば完治するというような病気ではありません。
    日常的に眼圧が上がらないよう、点眼薬を使ってコントロールする必要があります。

  4. 経過観察

    治療効果の確認のため、定期的な検査を行います。

    点眼による効果を確認するため、定期的に通院していただきます。
    点眼の効果が低い場合には、点眼薬の種類を増やす、場合によっては手術的な加療が必要になる場合があります。

関連ページ一覧
黄斑疾患の簡単セルフチェック
黄斑疾患の専門治療
加齢黄斑変性
糖尿病黄斑浮腫
網膜静脈閉塞症
強度近視

診療時間

診療時間表

受付時間
午前 9:00 ~ 12:00
午後 4:00 ~ 7:00

手術日:火・木曜日休診日:日曜日、祝日


  • ○永井隆子医師
  • ●永井康太医師
  • 検査木曜日の午後12:00〜
    術前検査・予約検査