お知らせ

2018年09月30日

コンタクトレンズとアレルギー性結膜炎について

 初秋から、本番の秋にはいり、秋のアレルギーの原因の原因の秋の草花の花粉が飛んで、おります。

9月初め頃から、例年、花粉症で悩まされている方には、抗アレルギー剤の目薬や内服薬を処方しております。その中で、特に、目の症状がかゆいを通り越して、痛くて目が開けられないと訴えてこられる患者さんがおられます。よくみると、上のまぶたの裏の結膜に巨大乳頭結膜炎をきたし、角膜に潰瘍などを生じています。潰瘍に、細菌感染を来すと、角膜が混濁し、治っても、視力障碍が残ることがあります。原因は、体質的な関連のこともありますが、コンタクトレンズ使用されている方だと、その大半は、コンタクトレンズのケアが、行き届いてないため、です。 コンタクトレンズを付けたまま寝たり、2週間用のレンズを使用期間を超えてつかったり、毎日の洗浄をいい加減にしますと、必ず発症しますから、気を付けてください!

 写真は、巨大乳頭結膜炎についての写真です。

台風地震、家族写真、結膜炎 650

台風地震、家族写真、結膜炎 640台風地震、家族写真、結膜炎 642

 

診療時間

診療時間表

受付時間
午前 9:00 ~ 12:00
午後 4:00 ~ 7:00

手術日:火・木曜日休診日:日曜日、祝日


  • ○永井隆子医師
  • ●永井康太医師
  • 検査木曜日の午後12:00〜
    術前検査・予約検査

白内障手術がどうしても“不安”な方 痛みと不安を和らげる麻酔